Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space PRINERGY and version 8.1

...

Questa sezione contiene un elenco di errori e limitazioni noti che si possono verificare nel software. Se una versione futura del software risolverà un errore elencato nella presente sezione, questo verrà spostato nella sezione Errori corretti delle note sulla versione che accompagnano il software.

Digital Job Ticket Editor

  • In Windows, quando si utilizza Digital Job Ticket Editor in Workshop per modificare il ticket di un processo, questo si comporta come una finestra modale, dovrebbe cioè impedire le interazioni con altri elementi dell'interfaccia utente del client Workshop finché l'interazione con Digital Job Ticket Editor non è completata. Il comportamento attuale su Windows non è modale ed erroneamente consente la modifica di altri elementi nel client Workshop mentre Digital Job Ticket Editor è aperto. Pertanto, si consiglia di non effettuare operazioni in Workshop finché si utilizza Digital Job Ticket Editor (facendo cli su Invia o Annulla ). [PRINERGY-40231]
  • Quando si utilizza Digital Job Ticket Editor in Workshop (comando Invia a Digital) o quando si apre Device Track dal menu Strumenti di Workshop, viene utilizzata l'Unità di misura definita nelle Preferenze di Workshop e l'Unità di peso e l'Unità di spessore (Caliper) vengono prese dalle Preferenze di Configurazione.
    Quando Device Track è aperto sul Web (non in Workshop), tutte le impostazioni delle unità in Digital Job Ticket Editor vengono prese dalle Preferenze di Configurazione. [PRINERGY-42049]

  • Le impostazioni disponibili in RBA non sono obbligatoriamente pertinenti a tutti i dispositivi digitali. Se si imposta un parametro non pertinente per il dispositivo selezionato, tale impostazione verrà ignorata durante l'esecuzione della procedura.

Device Track

  • Affinché Device Track funzioni correttamente in Internet Explorer 11, l'impostazione Visualizza i siti intranet nella vista Compatibilità deve essere disattivata. Questa impostazione è attivata di default.
    Per modificare l'impostazione Vista compatibilità, in Internet Explorer, dal menu Strumenti, selezionare Impostazioni vista compatibilità e nella finestra di dialogo Impostazioni vista compatibilità, deselezionare la casella di controllo Visualizza siti intranet nella Vista compatibilità, quindi fare clic su Chiudi per applicare la modifica. [PRINERGY-41259]
  • In Internet Explorer 11, quando si utilizza il pulsante di scaricamento e ricarica nel browser per aggiornare Device Track, talvolta i dati visualizzati sono i dati salvati nella cache e non i dati del server.
  • Quando si utilizza Internet Explorer con Device Track, questo richiede la versione 11 o successiva. [PRINERGY-41757]

  • Il ridimensionamento delle colonne in Device Track potrebbe causare un errore di visualizzazione delle colonne. [PRINERGY-41180]
  • I processi di output digitale potrebbero non riuscire a eseguire l’output qualora vengano spostati da un dispositivo collegato Digital-Direct/Digital-Submit a un dispositivo collegato JDF bidirezionale. [PRINERGY-44863]

Configurazione

  • A causa delle limitazioni nell'implementazione JDF di terze parti è possibile che alcune impostazioni non siano disponibili in Configurazione se aggiornate nel software front-end. Ciò può includere le opzioni di bordo di rilegatura, densità massima, layout e formato foglio. [PRINERGY-39050] [PRINERGY-39982] [PRINERGY-40039] [PRINERGY-40045] [PRINERGY-41511] [PRINERGY-41632] [PRINERGY-41732] [PRINERGY-41745] [PRINERGY-41836] [PRINERGY-41906]

  • Possono verificarsi dei problemi durante l’installazione della Configurazione tramite Microsoft Edge e Google Chrome.
    Per installare la Configurazione tramite Microsoft Silverlight con Microsoft Edge, consultare il seguente articolo di supporto di Microsoft: https://support.microsoft.com/en-us/help/17472/windows-internet-explorer-11-fix-site-display-problems-compatibility-view#ie=ie-11. [PRINERGY-41686]
    In caso di problemi durante l’installazione tramite Chrome, utilizzare un browser diverso. [PRINERGY-41032]
  • Non è possibile installare la Configurazione tramite Firefox su Mac OS X 10.12 poiché Firefox su Mac OS X 10.12 non supporta Microsoft Silverlight. Utilizzare un browser diverso per installare e avviare la Configurazione. [PRINERGY-44565]

Ricerca di un processo

  • In Job Finder, nella funzione di ricerca avanzata dei processi, la ricerca fallisce se si utilizza l'operatore is not con un valore numerico. [PRINERGY-38941]
  • In Job Finder, nella funzione di ricerca avanzata dei processi, selezionando Qualsiasi, i risultati della ricerca contengono sia i processi sia i processi preliminari che corrispondono ai criteri di ricerca definiti. [PRINERGY-39664]

Integrazione con ColorFlow

Per l'utilizzo del software ColorFlow con Prinergy, sono state identificate le seguenti limitazioni:

  • Le pagine aggiunte a un processo ColorFlow tramite l'opzione Miglioramento del bypass di Prinergy presenteranno una configurazione dei colori non definita. Ciò è normale. Con l'integrazione di ColorFlow, è consigliata la ridefinizione con l'opzione ColorConvert abilitata.

  • Se si tenta di effettuare l'output di un file con un numero di istantanea diverso da quello definito nel modello del processo di rifinitura, viene visualizzato un messaggio di errore.

ColorConvert

Sono stati identificati i seguenti problemi con l'opzione ColorConvert:

  • La corrispondenza dei colori di determinati file con oggetti trasparenti può comportare cambiamenti significativi nell'aspetto. Il problema è specifico del file e dipende dalle modalità di miscelazione delle trasparenze applicate, dal colore dell'oggetto e dal profilo DeviceLink o ICC utilizzato per la conversione dei colori dell'oggetto. Il problema si verifica perché a ciascun oggetto immagine e grafico utilizzato nel gruppo trasparenza viene applicata separatamente la conversione dei colori. La miscelazione degli oggetti nello spazio colore di destinazione provoca una modifica dell'aspetto.
    Consiglio: Eseguire il flattening dei file PDF. Se i file PDF contengono dati RGB, si consiglia di applicare la conversione dei colori a questi dati prima di eseguire il flattening.
    Nota: Quando viene eseguito l'abbinamento dei colori nell'output finale, non è possibile utilizzare la stampa di prove in tono continuo per prevedere questo problema.

  • La gestione della sovrastampa vettoriale di corrispondenza colori di determinati file con gruppi trasparenza che utilizzano a loro volta la gestione della sovrastampa può generare risultati imprevisti. I nuovi oggetti generati tramite il processo di gestione della sovrastampa vettoriale di ColorMatcher finiscono con il rovinarne l'aspetto. Quando viene utilizzata la gestione della sovrastampa vettoriale nell'output finale, non è possibile utilizzare la stampa di prove in tono continuo con gestione della sovrastampa a retino per prevedere questo problema. Per descrizioni dettagliate sulle differenze di elaborazione tra gestione della sovrastampa a retino e vettoriale, consultare la guida di Prinergy.
    Consiglio: Eseguire il flattening dei file PDF. Se i file PDF contengono dati RGB, si consiglia di applicare la conversione dei colori a questi dati prima di eseguire il flattening. 

  • Lo spazio colori con miscelazione delle trasparenze RGB non è supportato. Gli spazi di miscelazione devono essere definiti esclusivamente come DeviceCMYK.
    Consiglio: Modificare lo spazio di miscelazione nel file di input o configurare un profilo Preflight+ per rilevare e/o correggere la condizione.

  • ColorConvert viene automaticamente selezionato nei modelli dei processi di output vettoriale dopo l'aggiornamento a Prinergy 8.1. Ciò è dovuto a un bug nello script di migrazione. Se si dispone di una licenza di base che non consente l'uso di ColorConvert, l'output vettoriale avrà esito negativo. Se si dispone di una licenza per la gestione avanzata del colore, la conversione dei colori verrà applicata in uscita e può causare un output errato. [PRINERGY-42167]
    Soluzione: aprire un modello di processo di output vettoriale che non abbia ColorConvert attivato e deselezionare la casella di controllo ColorConvert.

Preflight+

  • I profili e i piani di processo callas che creano livelli o contengono DeviceLinks senza licenza non sono supportati.

  • Kodak non supporta né fornisce licenze del software callas pdfToolbox. Tuttavia, una copia di pdfToolbox (gestione profili di Preflight+) viene fornita e concessa in licenza esclusivamente a scopi di modifica e creazione di profili preflight da utilizzare in Prinergy. La modifica della licenza, nonché la modifica o l'aggiornamento della versione di callas pdfToolbox fornita con Prinergy rappresentano operazioni non consigliate e non supportate da Kodak. Kodak non fornisce assistenza o supporto per la modifica o la creazione di nuovi profili callas. Per informazioni e supporto per la creazione e la modifica dei profili, visitare il sito http://www.callassoftware.com/en/support/documentation.

  • I collegamenti nella pagina del rapporto sono supportati solo se si copia l'intero rapporto.
  • Le correzioni callas vengono "utilizzate a proprio rischio". Prestare la massima attenzione e controllare attentamente le prove quando si applicano le correzioni.

  • I profili callas e Prinergy supportano diverse variazioni del set di caratteri cinese.

    • Semplificato = ZH_CN (callas) = PRC
    • Semplificato = ZH_Hans (Prinergy) = Sud-est asiatico e Singapore

  • Maggiore capacità disco richiesta: ogni rapporto PDF contiene una copia del file PDF di input originale.

  • Per evitare che Preflight+ divenga un collo di bottiglia nel processo di rifinitura, si consiglia di acquistare la stessa quantità di Preflight+ JTP di Refine JTP.
  • I nomi delle correzioni in Preflight+ vengono visualizzati in inglese nei report tradotti. Se si è scelto di generare il report Preflight+ in due o più lingue (in Amministratore: Strumenti > Configura sistema > Impostazione Preflight+ > Lingua report, oppure in Configurazione: Preferenze > Generale > Impostazioni Preflight+ > Lingua report), i nomi dei profili predefiniti e delle correzioni potrebbero apparire in inglese nei report tradotti anziché apparire nella lingua definita. [PRINERGY-38227]
  • L’utilizzo di variabili che forniscono suggerimenti agli utenti per l’input non è supportato.

Adobe PDF Print Engine (Motore di stampa Adobe PDF)

Il RIP APPE (Adobe PDF Print Engine) non è in grado di elaborare file PDF contenenti oggetti PostScript integrati, incluse pagine elaborate con PostScript Bypass o con le funzionalità di bypass OPI di Prinergy.

Il RIP APPE rappresenta l'opzione RIP preferita per Prinergy.

Osservare le seguenti precauzioni:

  • Prove di stampa e lastre: Nella placcatura dei processi con il RIP APPE, prestare particolare attenzione alle lastre le cui prove sono state effettuate con il RIP APPE precedente. Poiché i RIP sono diversi, è possibile che la prova di stampa e la lastra siano interpretate in maniera differente. Idealmente, la placcatura dei processi andrebbe effettuata con la stessa versione di Prinergy utilizzata per generare le prove di stampa.
    Nota: Per evitare questa situazione, è necessario coordinare le configurazioni hub e spoke al momento dell'aggiornamento di Prinergy.

  • Ristampe: Per le ristampe dei processi stampati precedentemente utilizzando un RIP meno recente, si consiglia di eseguire nuovamente le prove di stampa utilizzando il nuovo RIP per assicurarsi che non vi siano differenze inattese tra il ciclo di stampa originale e la ristampa.

Nuovo PANTONE+ librerie V3

Attenendosi alle linee guida per la prassi migliore di PANTONE, tutte le precedenti librerie PANTONE sono state rimosse come librerie predefinite e non saranno più visualizzate nei modelli di processo. Le precedenti librerie PANTONE sono fornire in formato di archiviazione e possono essere importate come librerie utente, se desiderato, per lavori di ristampa esistenti. Per informazioni più dettagliate Informazioni sulle librerie PANTONE.

RIP di Maxtone CX, Maxtone FX e Maxtone SX

Le retini di Kodak Maxtone CX, Maxtone FX e Maxtone SX sono disponibili solo per RIP APPE. Non possono essere utilizzate con RIP CPSI.

Sistema libreria tinte piatte L*a*b* 2000

Quando il sistema libreria tinte piatte L*a*b* 2000 è aggiunto a un modello del processo di rifinitura, può non apparire nella lista delle librerie delle tinte piatte ma sarà disponibile per l’utilizzo nei processi di rifinitura creati dal modello del processo di rifinitura. [PRINERGY-44022]

La rifinitura può non andare a buon fine per i file PostScript (che contengono colori definiti nello spazio colori L*a*b* ) convertiti in PDF/X-1a

Per una limitazione nella gestione del colore definita nello spazio dei colori L*a*b* , i processi di rifinitura potrebbero non riuscire durante la fase di ottimizzazione nel convertire i file PostScript contenenti i colori L*a*b in PDF/X-1a. 
Come soluzione, consigliamo di convertire in primo luogo tutti i colori in CMYK e tinte piatte con lo spazio di colore alternativo CMYK in una rifinitura in PDF prima di eseguire una seconda rifinitura per la conversione in PDF/X-1a. (PRINERGY-43630)

La registrazione di una pagina multiversione non viene completata dopo che la pagina è stata aperta in Acrobat su un computer Mac

Se si apre una pagina LPV in Acrobat e poi la si ricrea, la fase di registrazione non viene completata e viene visualizzato un messaggio di violazione di accesso. Ciò si verifica solo se si utilizzano server Windows 2008 e se il file PDF è stato aperto su un computer Mac. [PRINERGY-29349]

Soluzioni: Disinstallare la condivisione Mac.

I Register JTP aggiuntivi configurati per l'esecuzione in un server secondario non vengono ospitati correttamente sul server primario dopo il riavvio

[Prinergy-34180]

Join ad angolo negli oggetti di testo

I join ad angolo negli oggetti di testo con tratti molto larghi potrebbero essere visualizzati in modo errato nell'output a bassa risoluzione (300 dpi). [PRINERGY-38023]

Sistemi operativi Windows Server 2008 R2 x64 e 2012 R2

Per l'esecuzione di Prinergy in un sistema operativo Windows Server 2008 R2 x64 o Windows Server 2012 R2 sono state identificate le seguenti limitazioni:

  • Non tutti i dispositivi CTP (Computer-to-Plate) Kodak esistenti dispongono di una versione software controllata compatibile con Windows 2008 R2 o 2012 R2. Contattare il rappresentante Kodak per verificare che il proprio dispositivo CTP disponga di una versione compatibile.

  • I servizi per Apple Macintosh non funzionano con Windows Server 2008 R2 o 2012 R2. Utilizzare SMB con named forks.

  • Dopo l’aggiornamento di un server Windows 2008 R2, SMB 2 sarà abilitato in modo scorretto e può provocare problemi di prestazioni e incoerenza dei file. Contattare il rappresentante dell'assistenza locale per disabilitarlo nuovamente.
  • Per impostazione predefinita, i server Prinergy che utilizzano Windows Server 2012 R2 vengono forniti con i protocolli SMB 2 e 3 attivati. Per ottenere le migliori prestazioni, tutti i server Prinergy e i server terziari devono utilizzare Windows Server 2012 R2. Se uno qualsiasi dei server Prinergy utilizza Windows Server 2008 R2 o uno dei server terziari non utilizza Windows Server 2012 R2, è necessario disattivare i protocolli SMB 2 e 3, così da utilizzare SMB 1. Se non lo si fa, potrebbero verificarsi problemi di prestazioni e di incoerenza dei file. Per ricevere assistenza in caso di disattivazione dei protocolli SMB 2 e 3, contattare i rappresentanti dell'assistenza locali.

Un problema di protezione impedisce l'avvio di Workshop sui sistemi operativi MAC X 10.8 e versioni successive

Per consentire l'attivazione di Workshop, attenersi alla procedura descritta di seguito: [PRINERGY-34821]

  1. Aprire Preferenze di sistema.
  2. Fare clic su Sicurezza e privacy.

  3. Selezionare la scheda Generale.

  4. Fare clic sull'icona del lucchetto situata in basso a sinistra nella finestra & Sicurezza e privacy.

  5. Inserire le credenziali dell'amministratore per consentire la modifica delle impostazioni.

  6. In Consenti applicazioni scaricate da, selezionare Dovunque.

  7. Chiudere Preferenze di sistema.

Un problema di protezione impedisce l’installazione o l'avvio della Configurazione sui sistemi operativi MAC X 10.8 e versioni successive

Per consentire l’installazione e/o l'attivazione della Configurazione, attenersi alla procedura descritta di seguito: [PRINERGY-41785]

  1. In Safari, andare su Preferenze > Sicurezza.
  2. Nella finestra Sicurezza, fare clic su Impostazioni plug-in….
  3. Nel riquadro sinistro, selezionare la casella di controllo Silverlight .
    Nel riquadro destro viene visualizzata una lista di server.
  4. Nel menu accanto al server pertinente, selezionare Esegui in modalità sicura.
    Nota: In Mac OS X 10.12, tenere premuto il tasto Options (Alt), e nel menu accanto al server pertinente, selezionare Esegui in modalità sicura.
  5. Nella messaggio di conferma che viene visualizzato, fare clic su Trust.
  6. Fare clic su Operazione completata.
  7. Uscire da Safari affinché le modifiche vengano applicate.
  8. Andare su Preferenze di sistema > Sicurezza e privacy.
  9. Nella scheda Generale, fare clic sull'icona del lucchetto situata in basso a sinistra nella finestra & Sicurezza e privacy.
  10. Inserire le credenziali dell'amministratore per consentire la modifica delle impostazioni.
  11. Nell’impostazione Consenti applicazioni scaricate da, verificare che sia selezionata l’opzione App Store e sviluppatori noti.
  12. Chiudete tutte le finestre.

L'antivirus Symantec potrebbe interrompere l'avvio di Prinergy

Alcuni aggiornamenti dell'antivirus Symantec interpretano come minaccia il servizio ARAXI di Prinergy. Questo problema è stato risolto nei nuovi aggiornamenti dell'antivirus Symantec. Si consiglia di aggiornare le definizioni di virus per evitare eventuali problemi con l'antivirus Symantec relativi al funzionamento del sistema Prinergy Workflow. In alternativa, per escludere araxi.exe dall'elenco delle minacce, consultare ID risposta Partner Place: 72379. [PRINERGY-39813]

Connettività NFS (Network File System)

Prinergy non supporta la connettività NFS UNIX di The Open Group (Network File System UNIX Open Group) È possibile accedere ai server UNIX tramite un protocollo SMB/CIFS installato sul server (ad esempio, SAMBA).

Server Windows 2012 R2 localizzati in giapponese

Il programma di installazione aggiornato non funziona sui server Windows 2012 R2 localizzati in giapponese. Il server deve essere localizzato in inglese o in un'altra localizzazione non giapponese supportata prima di eseguire il programma di installazione aggiornato. Successivamente, il server può tornare alla localizzazione giapponese. [PRINERGY-42036] 

NexPress Job Ticket Editor non può essere avviato da Digital Submit su Windows 10

Quando si esegue Digital Submit con NexPress su Windows 10, Job Ticket Editor in Digital Submit non viene avviato. [PRINERGY-41688]

Soluzioni: Per avviare NexPress Job Ticket Editor:

  • Eseguire Digital Submit e NexPress Job Ticket Editor su una stazione di lavoro con un altro sistema operativo
  • Avviare manualmente NexPress Job Ticket Editor fuori da Digital Submit.

Impossibile installare HP Job Ticket Editor su Windows 8 e Windows 10

HP Job Ticket Editor è un software HP utilizzato in Prinergy Workflow per la connessione alle stampanti digitali HP. La versione più recente del software disponibile presso HP non è compatibile con i sistemi operativi Windows 8 e Windows 10. HP è consapevole del problema e lo risolverà in un futuro aggiornamento del prodotto. [PRINERGY-41575]

HP

  • Utilizzando un Hewlett Packard SmartStream DFE collegato a più stampanti, ciascuna stampante collegata allo SmartStream DFE utilizza una licenza di connessione da Prinergy Workflow. Qualora venisse collegato a SmartStream DFE un numero di stampanti superiore a quello delle licenze di connessione in Prinergy Workflow, Prinergy non sarà in grado di collegarsi a tutte le stampanti collegate a SmartStream DFE. [PRINERGY-44364]
  • Tentando di importare substrati e/o ricaricare le funzionalità del dispositivo (in Configurazione> Apparecchiatura> Dispositivo digitale) da una stampante collegata o DFE quando tale dispositivo è inattivo, i substrati e/o le impostazioni del dispositivo non saranno più visibili nel Digital Job Ticket Editor durante l’invio di un processo. Una volta che il dispositivo è attivo e in esecuzione, importare nuovamente i substrati e/o ricaricare le funzionalità del dispositivo in modo da visualizzarli nuovamente nel Digital Job Ticket Editor. [PRINERGY-44749]

Ricoh 

  • I processi rilegati in brossura con copertine inviate al front-end digitale Ricoh con PDF RIP Enhanced by Kodak type S4 possono produrre un output con orientamento errato. [PRINERGY-42077] 

  • A causa di limitazioni nell'implementazione JDF per il front-end digitale Ricoh con PDF RIP Enhanced by Kodak type S4, le opzioni di layout non sono attualmente supportate. [PRINERGY-39050] 

  • Quando viene inviata una superficie a Ricoh, il bordo di rilegatura definito nel processo ruoterà di 90 gradi in senso orario a causa della traslazione geometrica, tuttavia il risultato finale dell'output della stampante risulterà corretto. In caso di domande, contattare il proprio rappresentante Kodak per assistenza. [PRINERGY-42029]

  • I lavori stampati correttamente vengono spostati nella coda On Hold (In sospeso) e non in quella Completed (Completati) di Device Track. Si tratta di un noto errore di Ricoh. [PRINERGY-45100]

Konica Minolta

Lo stato di carta patinata o non patinata non può essere importato o riflesso in modo corretto in Configurazione Prinergy per le connessioni digitali al software per front-end digitale per stampanti Konica Minolta IC-602 o C1070. Le impostazioni del processo devono essere aggiornate manualmente nel software Konica Minolta per completare con successo l’output. [PRINERGY-43211]

EFI

Per una limitazione nella comunicazione bidirezionale con il software EFI, i processi completati non vengono visualizzati nella coda Completati di Device Track di Prinergy Workflow e non sono presenti in nessuna coda dopo il completamento. [PRINERGY-43780]

Prinergy Workshop localizzato in giapponese

Inviando un file in Prinergy Workshop localizzato in giapponese tramite trascinamento in un modello del processo può provocare l’interruzione inattesa di Workshop. [PRINERGY-43660] 

Funzioni Workspace esistenti

Workspace è un'interfaccia processi e imposizione alternativa introdotta in Prinergy 6.0 e supportata tramite Prinergy 7.5. Vi sono numerosi elementi che persistono nell'interfaccia utente di Prinergy Workflow che non sono supportati con i flussi di lavoro client di Workshop, ad esempio:

  • L'azione Genera imposizione in Automazione basata su regole
  • Esegui assegnazione elenchi nella funzione APA (Automated Page Assignment, Assegnazione pagine automatica)
  • Eventi e azioni intenzionali
  • Evento elenco esecuzioni
  • Azioni scenario
  • Azioni di convalida
  • Evento di scenario assegnato riuscito

Nota: Si consiglia di evitare l'utilizzo di azioni non supportate.

Limitazioni di Prinergy Signature Select

Prinergy Signature Selection funziona in modalità Preps 5. Pertanto, esistono alcune limitazioni legate al funzionamento con Preps 6 o versioni successive.

Modifica di imposizioni
  • Signature Selection non consente di modificare processi Come and go, Taglia e fascicola o Rilegatura multipla. Se si tenta di modificare un'imposizione che utilizza uno di questi stili, l'opzione Usa Prinergy Signature Selection non è disponibile nella finestra di dialogo Modifica imposizione. È possibile invece selezionare l'opzione Usa applicazione di imposizione esterna per avviare Preps.
  • Se si crea un'imposizione Come 'n Go o Taglia e fascicola utilizzando Signature Selection e poi la si modifica utilizzando Preps 6 o versioni successive, viene visualizzato un avvertimento a indicare che il processo è stato prodotto in una versione precedente di Preps. È possibile ignorare il messaggio.
Importazione di imposizioni
  • Signature Selection non supporta l'importazione di processi Preps 6 con stili di rilegatura Come and go o Taglia e fascicola. Quando si crea una nuova imposizione, se si seleziona Usa processo Preps esistente e si seleziona un processo Preps 6 con uno stile di rilegatura Come 'n Go o Taglia e fascicola, viene visualizzato un messaggio di errore. È possibile selezionare un altro file di processo oppure utilizzare un software di imposizione esterno per creare l'imposizione.
Creazione delle imposizioni in corso
  • Quando si crea una nuova imposizione, gli stili di rilegatura Come and go o Taglia e fascicola sono disponibili solo in modalità Preps 5.
  • Le versioni Preps 5 e 6 differiscono nella modalità di visualizzazione dei processi Taglia e fascicola e Come and go. In Preps 6, i processi Taglia e fascicola sono visualizzati come bobine multiple, mentre i processi Come and go sono visualizzati come sezioni multiple. In Prinergy Workshop, tali processi sono visualizzati nel formato di Preps 6, mentre in Signature Selection sono visualizzati nel formato di Preps 5. Si tratta esclusivamente di una differenza di visualizzazione: l'assegnazione della pagina è corretta e l'imposizione viene stampata correttamente.

Selezione automatica in Prinergy Signature Selection

L'uso dell'opzione Selezione automatica in Prinergy Signature Selection può produrre risultati diversi rispetto all'uso della stessa opzione in Preps. Verificare che l’opzione Selezione automatica produca i risultati attesi.
Se necessario, utilizzare Sposta su o Sposta giù per modificare l’ordine delle segnature, oppure utilizzare Aggiungi o Elimina per ottenere la segnatura corretta.
Per prevenire il problema, modificare i file PrepsPrinergy.cfg e PrepsPrinergy.cfg.template affinché comprendano la linea:
AUTOSELECT_MINIMUM_PAGES:1.

Dashboard

Indipendentemente dallo stato abilitato/disabilitato di singoli campi personalizzati, tutti i campi personalizzati saranno visibili nella dashboard. [PRINERGY-29639]

Sv translation
languageja

Include Page
DOCL:ja_tr
DOCL:ja_tr

このセクションでは、ソフトウェアの現在の問題点と制限事項について説明します。ソフトウェアの今後のバージョンでここに記載されている問題が修正された場合、その問題は、ソフトウェアのそのバージョンに付属するリリース ノートの「解決済みの問題」セクションに移動します。

デジタル ジョブ チケット エディタ

  • Windows で、Workshop 内からデジタル ジョブ チケット エディタを使用してジョブ チケットを編集する場合は、モーダル ウィンドウとして動作するように設計されています。つまり、デジタル ジョブ チケット エディタの操作が完了するまで、Workshop クライアントのユーザー インターフェイスの他の要素を操作できないようにする必要があります。Windows の現在の動作は、非モーダルであり、デジタル ジョブ チケット エディタを開いている間に Workshop クライアントの他の要素の編集が誤って許可されます。そのため、デジタル ジョブ チケット エディタの使用が終了するまで([送信]または[キャンセル]をクリックするまで)、Workshop で操作を行わないことをお勧めします。[PRINERGY-40231]
  • Workshop 内からデジタル ジョブ チケット エディタを使用するか([Digital に送信]コマンド)または Workshop の[ツール]メニューからデバイス モニターを開くときには、Workshop の環境設定で定義された単位が使用され、重量の単位厚さの単位(キャリパー)は、Setup の環境設定から取得されます。
    デバイス モニターが(Workshop 内ではなく)Web 上で開かれると、デジタル ジョブ チケット エディタのすべての単位の設定は、Setup の環境設定から取得されます。[PRINERGY-42049]

  • RBA で使用可能な設定は、すべてのデジタル デバイスに該当するとは限りません。選択したデバイスに該当しないパラメータを設定した場合は、ルールが実行されるときにこの設定は無視されます。

デバイス モニター

  • Internet Explorer 11 でデバイス モニターが正常に動作するためには、[イントラネット サイトを互換表示で表示する]設定を無効にする必要があります。この設定はデフォルトで有効になっています。
    互換表示の設定を変更するには、Internet Explorer で、[ツール]メニューの[互換表示設定]を選択し、[互換表示設定]ダイアログ ボックスで[イントラネット サイトを互換表示で表示する]チェック ボックスをオフにし、[閉じる]をクリックして変更を適用します。[PRINERGY-41259]
  • Internet Explorer 11 で、ブラウザの更新ボタンを使用してデバイス モニターを更新するときに、サーバーから取得されたデータではなくキャッシュに保存されているデータが表示されることがあります。
  • Internet Explorer でデバイス モニターを使用するためには、デバイス モニター バージョン 11 以降が必要です。[PRINERGY-41757]

  • デバイス モニターで列のサイズを変更すると、列が画面からはみ出すことがあります。[PRINERGY-41180]
  • デジタル出力ジョブが Digital-Direct または Digital-Submit 接続デバイスから JDF 双方向接続デバイスに移動された場合、出力に失敗する場合があります。[PRINERGY-44863]

Setup

  • サードパーティの JDF 実装の制限のために、フロントエンド ソフトウェアで更新したときに、一部の設定が Setup に反映されないことがあります。これには、ノド、最高濃度、レイアウト、用紙サイズのオプションが含まれます。[PRINERGY-39050] [PRINERGY-39982] [PRINERGY-40039] [PRINERGY-40045] [PRINERGY-41511] [PRINERGY-41632] [PRINERGY-41732] [PRINERGY-41745] [PRINERGY-41836] [PRINERGY-41906]

  • Microsoft Edge または Google Chrome 経由でインストールされた Setup に問題が発生することがあります。
    Microsoft Silverlight (Microsoft Edge 使用)経由で Setup をインストールする方法については、Microsoft の次のサポート記事を参照してください。https://support.microsoft.com/en-us/help/17472/windows-internet-explorer-11-fix-site-display-problems-compatibility-view#ie=ie-11。[PRINERGY-41686]
    Chrome 経由でのインストールに問題がある場合は、別のブラウザを使用してください。[PRINERGY-41032]
  • Firefox(Mac OS X 10.12 を使用)では Setup をインストールできません。Mac OS X 10.12 の Firefox は Microsoft Silverlight をサポートしてないためです。Setup をインストールして開始するには、別のブラウザを使用してください。[PRINERGY-44565]

ジョブの検索

  • ジョブ ファインダのジョブの高度な検索機能で、is not 演算子と数値を使用すると検索が失敗します。[PRINERGY-38941]
  • ジョブ ファインダのジョブの高度な検索機能で、Any を選択すると、定義された検索条件と一致するジョブとプリジョブの両方が検索結果に含まれます。[PRINERGY-39664]

ColorFlow との統合

ColorFlow ソフトウェアの Prinergy での使用に際して、以下の制限事項が確認されています。

  • Prinergy の[リファインのバイパス]を使用し、ColorFlow が有効化されているジョブにページを追加すると、そのページには未定義のカラー設定が含まれます。これは通常の動作です。ColorFlow が統合された環境では、[カラー変換]を有効にしてリファインすることをお勧めします。

  • リファイン プロセス テンプレートで定義した番号とは異なるスナップショット番号でファイルを出力しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

カラー変換

カラー変換については、次の問題が確認されています。

  • 透明オブジェクトを含む特定のファイルでカラー マッチングを実行すると、外観が大幅に変わることがあります。問題はファイル固有のものであり、適用されている透明ブレンド モード、オブジェクトの色、およびオブジェクトのカラー変換に使用されるデバイスリンク プロファイルまたは ICC プロファイルによって発生します。この問題は、透明オブジェクトのグループで使用されているグラフィックと画像オブジェクトのカラー変換が別々に行われることが原因で発生します。デスティネーション カラー スペースでオブジェクトがブレンドされることによって、外観が変わります。
    推奨:PDF ファイルをフラット化します。PDF ファイルに RGB データが含まれている場合は、フラット化する前にカラー変換することを強くお勧めします。
    注意:連続諧調プルーフィングを実行しても、最終出力で実行されるカラー マッチングで発生するこの問題を予測することはできません。

  • 透明オブジェクトのグループを含むファイルでオーバープリントも設定されている場合に、カラー マッチングでベクター オーバープリント処理を実行すると予期しない結果となる場合があります。ColorMatcher のベクター オーバープリント処理プロセスで生成された新しいオブジェクトによって、外観が変わります。ラスター オーバープリント処理で連続諧調プルーフィングを実行しても、最終出力で使用されるベクター オーバープリント処理で発生する問題を予測することはできません。ラスター オーバープリント処理とベクター オーバープリント処理の違いについては、Prinergy のヘルプを参照してください。
    推奨:PDF ファイルをフラット化します。PDF ファイルに RGB データが含まれている場合は、フラット化する前にカラー変換することを強くお勧めします。 

  • RGB 透明ブレンド カラー スペースはサポートされていません。ブレンド スペースは、DeviceCMYK としてのみ定義する必要があります。
    推奨:入力ファイルでブレンド スペースを変更するか、この状況を検出または修正するように Preflight+ プロファイルを設定します。

  • Prinergy 8.1 へのアップグレード後、ベクター出力プロセス テンプレートで[カラー変換]が自動的にオンになります。これは、移行スクリプトの問題が原因です。カラー変換を有効にしないベーシック ライセンスを使用している場合は、ベクター出力が失敗します。アドバンス カラー マネジメントのライセンスを取得している場合は、カラー変換が出力で適用され、正しく出力されないことがあります。[PRINERGY-42167]
    対応策:[カラー変換]が有効でなかったベクター出力プロセス テンプレートを開き、[カラー変換]チェック ボックスをオフにします。

Preflight+

  • レイヤーの作成、またはライセンス供与されていない DeviceLink を含む Callas プロセス プランおよびプロファイルはサポートされません。

  • コダックは、Callas pdfToolbox ソフトウェアのライセンス供与またはサポートを行っていません。ただし、Prinergy 内で使用するプリフライト プロファイルを作成、編集する目的に限定して、pdfToolbox(Preflight+ プロファイル マネージャー)が提供され、ライセンスも供与されます。Prinergy とともに提供される Callas pdfToolbox のライセンス変更、バージョン変更、またはバージョン アップグレードに関して、コダックは推奨、サポートを行っていません。コダックでは、新しい Callas プロファイルの編集または作成をサポートしません。プロファイルの作成と編集についての情報およびサポートについては、http://www.callassoftware.com/en/support/documentation にアクセスしてください。

  • レポート ページリンクは、完全なレポートをコピーする場合のみサポートされます。
  • Callas のフィックスアップは、「ユーザーの責任で使用してください」。フィックスアップを適用する場合は、特に注意してプルーフを確認してください。

  • Callas プロファイルと Prinergy がサポートする中国語文字セットは種類が異なります。

    • 簡体字 = ZH_CN(callas) = PRC
    • 簡体字 = ZH_Hans(Prinergy)= 東南アジアおよびシンガポール

  • 必要なディスク容量の増加 — 各 PDF レポートは元の入力 PDF ファイルのコピーを含んでいます。

  • Preflight+ がリファイン プロセスでボトルネックにならないように、リファイン JTP と同じ容量の Preflight+ JTP を購入することをお勧めします。
  • 翻訳されたレポートで、Preflight+ のフィックスアップ名は英語で表示されます。2 つ以上の言語で Preflight+ レポートの生成を選択する場合(Administrator で[Tools]>[Configure System]>[Preflight+ Settings]>[Report Language]を選択するか、Setup で[環境設定]>[全般]>[Preflight+ 設定]>[レポートの言語]を選択)、事前に定義されたプロファイルの名前とフィックスアップが翻訳済みレポートに英語で(別の言語ではなく)表示されることがあります。[PRINERGY-38227]
  • ユーザーに入力を求める変数の使用は、サポートされません。

Adobe PDF Print Engine RIP

Adobe PDF Print Engine(APPE)RIP は、埋め込み PostScript オブジェクトが含まれる PDF ファイルを処理できません。これには、Prinergy の PostScript バイパス機能または OPI バイパス機能を使用して処理されたページも含まれます。

Prinergy で推奨される RIP は APPE RIP です。

注意事項:

  • プルーフ出力とプレート作成:プレート作成ジョブで APPE RIP を使用するとき、プルーフィングに以前の APPE RIP を使用している場合は注意してください。RIP のバージョンが異なるため、プルーフとプレートの解釈に違いがある場合があります。できる限り、プルーフを作成した Prinergy と同じバージョンを使って、版を作成するようにしてください。
    注意:この状況を回避するには、Prinergy へのアップグレード時にハブ&スポーク環境の構成を調整する必要があります。

  • 再出力:古いバージョンの RIP を使って以前に出力されたジョブを再出力する場合は、元のプレス ランと再出力との間に予期しない差異が発生しないよう、新しい RIP を使ってプルーフを再実行することをお勧めします。

新しい PANTONE+ V3 ライブラリ

PANTONE のベスト プラクティス ガイドラインに従って、以前のすべての PANTONE ライブラリはファクトリ ライブラリとして削除され、以降はプロセス テンプレートには表示されません。以前の Prinergy PANTONE ライブラリはアーカイブ形式で提供され、従来の印刷ジョブのために必要な場合にはユーザー ライブラリとしてインポートできます。詳細については、「PANTONE ライブラリについて」を参照してください。

Maxtone CX、Maxtone FX、Maxtone SX RIP

Kodak Maxtone CX、Maxtone FX、および Maxtone SX スクリーンは、APPE RIP でのみ使用できます。CPSI RIP では使用できません。

システム スポット カラー ライブラリ L*a*b* 2000

システム スポット カラー ライブラリ L*a*b* 2000 がリファイン プロセス テンプレートに追加されたとき、スポット カラー ライブラリ リストには表示されないことがありますが、リファイン プロセス テンプレートから作成されたリファイン プロセスで使用されるようになります。[PRINERGY-44022]

PostScript ファイル(L*a*b* カラー スペースで定義されたカラーを含む)の PDF/X-1a への変換でリファインが失敗することがある

L*a*b* カラー スペースで定義されたカラーの処理に制限があるために、リファイン プロセスのオプティマイザ ステップ中に、L*a*b カラーを含む PostScript ファイルを PDF/X-1a に変換していて失敗することがあります。
回避策として、PDF にリファインするときに、最初にすべてのカラーを CMYK に変換し、特色はCMYK 代用カラー スペースで変換してから、2 番目のリファインを実行して PDF/X-1a に変換します。(PRINERGY-43630)

Macintosh で Acrobat を使用してページを開くと、バージョン ページの登録でエラーが発生する

LPV ページを Acrobat で開いてからページを再生成すると、アクセス違反のメッセージが表示されて、登録エラーが発生します。この問題は、Windows Server 2008 を実行するサーバーで処理している PDF ページを Mac で開いた場合にのみ発生します。[PRINERGY-29349]

対応策:Mac 共有のマウントを解除してください。

セカンダリ サーバーで実行するように設定された追加の Register JTP のホームに、再起動後に誤ってプライマリ サーバーが指定される

[Prinergy-34180]

テキスト オブジェクトでのマイター結合

非常に大きなストロークが含まれるテキスト オブジェクト内のマイター結合が、低解像度出力(300 dpi)で正しくレンダリングされないことがあります。[PRINERGY-38023]

Windows Server 2008 R2 x64 および 2012 R2 オペレーティング システム

Windows Server 2008 R2 x64 または Windows Server 2012 R2 オペレーティング システムを使用して Prinergy を実行する場合に、以下の制限事項が確認されています。

  • 一部の Kodak CTP デバイスには、Windows 2008 R2 または 2012 R2 互換の制御用リリース ソフトウェアが搭載されていません。コダック担当者に連絡して、お使いの CTP デバイスに互換の制御用リリース ソフトウェアがあるかどうかを確認してください。

  • Apple Macintosh 向けのサービスを Windows Server 2008 R2 または 2012 R2 で使用することはできません。Named Fork を使用した SMB を使用する必要があります。

  • Windows 2008 R2 サーバーをアップグレードすると、誤って SMB 2 が有効になり、パフォーマンスとファイルの整合性の問題が発生することがあります。SMB 2 を再度無効にする方法については、ローカルのサポート担当者にお問い合わせください。
  • デフォルトでは、Windows Server 2012 R2で構成されているPrinergy サーバーは、SMB 2 と 3 が有効な状態で出荷されます。最良のパフォーマンスを得るために、すべての Prinergy サーバーとターシャリ サーバーは、Windows Server 2012 R2 を実行している必要があります。Windows Server 2008 R2で構成されているPrinergy サーバーがあるか、Windows Server 2012 R2で構成されていないターシャリ サーバーがある場合は、SMB 2 と 3 を無効にして、SMB 1 が使用されるようにする必要があります。無効にしない場合は、パフォーマンスとファイルの不整合の問題が発生することがあります。SMB 2 と 3 を無効にする方法については、ローカルのサポート担当者に問い合わせてください。

Mac OS X 10.8 以降で、セキュリティの問題により Workshop を起動できない

Workshop のアクティベーションを有効にするには、次の手順を実行します。[PRINERGY-34821]

  1. システム環境設定]を開きます。
  2. セキュリティとプライバシー]をクリックします。

  3. 一般]タブをクリックします。

  4. [セキュリティとプライバシー]ウィンドウの左下にあるカギのアイコンをクリックします。

  5. 管理者の認証情報を入力して、設定の変更を有効にします。

  6. ダウンロードしたアプリケーションの実行許可]で[すべてのアプリケーションを許可]を選択します。

  7. システム環境設定]を閉じます。

Mac OS X 10.8 以降で、セキュリティの問題により Setup をインストールまたは起動できない

Setup のインストールやアクティベーションの有効化には、次の手順を実行します。[PRINERGY-41785]

  1. Safari で、[環境設定]>[セキュリティ]に移動します。
  2. [セキュリティ]ウィンドウで、[プラグイン設定…]をクリックします。
  3. 左ウィンドウ枠で、[Silverlight]チェックボックスをオンにします。
    右ウィンドウ枠に、サーバーのリストが表示されます。
  4. 関連するサーバーの横にあるメニューで、[安全なモードで実行]を選択します。
    注意:Mac OS X 10.12 では、Option (Alt)キーを押したまま、関連するサーバーの横にあるメニューで[安全なモードで実行]を選択します。
  5. 確認のメッセージが表示されたら、[信頼]をクリックします。
  6. 完了]をクリックします。
  7. 変更を有効にするため、Safari を終了します。
  8. システム環境設定]>[セキュリティとプライバシー]に移動します。
  9. 全般]タブで、[セキュリティとプライバシー]ウィンドウの左下にあるカギのアイコンをクリックします。
  10. 管理者の認証情報を入力して、設定の変更を有効にします。
  11. ダウンロードしたアプリケーションの実行許可]設定で、[App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可]オプションが選択されていることを確認します。
  12. すべてのウィンドウを閉じます。

Symantec Anti-virus のために Prinergy を起動できないことがある

Symantec Anti-Virus の一部の更新で、Prinergy の ARAXI サービスが脅威と解釈されます。これは、Symantec Anti-Virus の新しい更新で解決されています。Prinergy Workflow システムの動作に影響する Symantec Anti-Virus の問題を回避するためには、ウイルス定義を更新することお勧めします。または、脅威リストから araxi.exe を削除する場合は、Partner Place アンサー ID: 72379 を参照してください。[PRINERGY-39813]

ネットワーク ファイル システムの接続

Prinergy は、Open Group UNIX NFS(Open Group UNIX ネットワーク ファイル システム)をサポートしていません。サーバーにインストールされた SMB/CIFS プロトコル(SAMBA など)を使用して、UNIX サーバーにアクセスできます。

日本語にローカライズされた Windows 2012 R2 サーバー

新しいインストーラは、日本語にローカライズされた Windows 2012 R2 サーバー上では実行されません。新しいインストーラを実行する前に、サーバーを英語または日本語以外の他のサポートされている言語にローカライズする必要があります。その後で、サーバーを日本語のローカライズに戻すことができます。[PRINERGY-42036] 

Windows 10 上で Digital Submit により NexPress ジョブ チケット エディタを起動できない

Digital Submit と NexPress を Windows 10 上で実行している場合に、Digital Submit のジョブ チケット エディタを起動できません。[PRINERGY-41688]

対応策:NexPress ジョブ チケット エディタを起動するには

  • Digital Submit と NexPress ジョブ チケット エディタを、異なるオペレーティング システムが搭載されているワークステーションで実行します。
  • NexPress ジョブ チケット エディタを Digital Submit の外部で手動で実行します。

Windows 8 および Windows 10 で HP ジョブ チケット エディタをインストールできない

HP ジョブ チケット エディタは HP が提供するソフトウェアで、HP デジタル印刷機に接続するときに Prinergy Workflow で使用します。HP が提供する最新バージョンのソフトウェアは、Windows 8 および Windows 10 オペレーティング システムと互換性がありません。HP は、この問題を認識しており、将来の製品の更新で解決する予定です。[PRINERGY-41575]

HP

  • 複数の印刷機に接続している Hewlett Packard SmartStream DFE を使用しているとき、SmartStream DFE に接続しているそれぞれの印刷機が Prinergy Workflow から接続ライセンスを消費します。Prinergy Workflow で取得している接続ライセンス数より多くの印刷機を SmartStream DFE に接続すると、Prinergy は SmartStream DFE に接続しているすべての印刷機に接続できなくなります。[PRINERGY-44364]
  • 接続された印刷機または DFE がダウンしているときに、それらのデバイスから([Setup]>[機器]>[デジタル デバイス]を選択して)印刷材のインポートやデバイス機能の再ロードを試みると、ジョブの送信時にデジタル ジョブ チケット エディタに印刷材またはデバイスの設定が表示されなくなります。これらの設定をデジタル ジョブ チケット エディタで表示されるようにするには、デバイスの起動後に印刷材を再インポートまたはデバイス機能を再ロードする必要があります。[PRINERGY-44749]

Ricoh 

  • Kodak タイプ S4 によって PDF RIP 拡張を使用した表紙付きの平綴じジョブが Ricoh デジタル フロント エンドに送信されると、誤った出力の向きになることがあります。[PRINERGY-42077] 

  • Kodak タイプ S4 による PDF RIP 拡張を使用した Ricoh デジタル フロント エンドの JDF 実装の制限により、レイアウト オプションは現在サポートされていません。[PRINERGY-39050] 

  • 面を Ricoh に送信するとき、ジオメトリ変換のためにジョブで定義されたノドが時計回りに 90 度回転されますが、プリンタで最終的に正しく出力されません。質問がある場合は、コダックの担当者にお問い合わせください。[PRINERGY-42029]

  • 正常に印刷されたジョブは、Device Track の[Completed(完了)]キューではなく、[On Hold(保留中)]キューに移動します。これは Ricoh の既知の問題です。[PRINERGY-45100]

Konica Minolta

コート紙または非コート紙のステータスがインポートされないか、Konica Minolta IC-602 または C1070 デジタル プリンタ フロント エンド ソフトウェアとのデジタル接続に関して Prinergy Setup に正しく反映されない場合があります。正常に出力を実行するために、Konica Minolta ソフトウェアでジョブの設定を手動で更新する必要があります。[PRINERGY-43211]

EFI

EFI のソフトウェアとの双方向通信に制限があるために、完了したジョブは Prinergy Workflow のデバイス モニター[完了]キューに表示されず、完了するとどのキューにも存在しないことになります。[PRINERGY-43780]

日本語にローカライズされた Prinergy Workshop

日本語にローカライズされた Prinergy Workshopでプロセス テンプレートにドラッグ&ドロップすることでファイルを送信すると、Workshop が予期せず終了することがあります。[PRINERGY-43660] 

レガシー Workspace の機能

Workspace は、Prinergy 6.0 で導入され、Prinergy 7.5 までサポートされたジョブおよび面付けインターフェイスです。たとえば次のような、Workshop クライアント ワークフローではサポートされていない Prinergy Workflow ユーザー インターフェイスに残っているいくつかの要素があります。

  • ルール ベースの自動処理の面付け生成操作
  • APA(自動ページ割り当て)機能のラン リストの割り当て
  • 設計イベントとアクション
  • ラン リスト イベント
  • シナリオ アクション
  • 検証アクション
  • シナリオの割り当て成功イベント

注意:サポートされないアクションを使用しないようにすることをお勧めします。

Prinergy の折丁選択の制限

Prinergy の折丁選択は Preps 5 モードで動作します。そのため、Preps 6 以降との連携に関連するいくつかの制限事項があります。

面付けの編集
  • 折丁選択で、カム&ゴー、カット&スタック、複数の綴じ型式を含むジョブは編集できません。これらのスタイルのいずれかを使用する面付けを編集しようとしても、[面付けの編集]ダイアログ ボックスで[Prinergy の折丁選択を使用]オプションは選択できません。代わりに、[他の面付けアプリケーションを使用]を選択して Preps を開始できます。
  • 折丁選択を使用してカム&ゴーまたはカット&スタックを作成し、Preps 6 以降を使用して面付けを編集すると、ジョブが以前のバージョンの Preps で作成されたことを示す警告メッセージが表示されます。このメッセージに対応するための特別な操作は必要ありません。
面付けのインポート
  • 折丁選択では、カム&ゴーまたはカット&スタックの綴じ型式を含む Preps 6 ジョブのインポートをサポートしていません。新しい面付けを作成する場合、[既存の Preps ジョブを使用]を選択して、カム&ゴーまたはカット&スタックの綴じ型式を含む Preps 6 ジョブを選択すると、エラー メッセージが表示されます。面付けを作成するには、別のジョブ ファイルを選択するか、他の面付けソフトウェアを使用します。
面付けの作成
  • 新しい面付けを作成する場合、Preps 5 モードでのみ、カム&ゴーまたはカット&スタックの綴じ型式を使用できます。
  • Preps 5 と 6 では、カット&スタックおよびカム&ゴー ジョブの表示方法が異なります。Preps 6 では、カット&スタック ジョブは複数の原反として表示され、カム&ゴー ジョブは複数のセクションとして表示されます。Prinergy Workshop ではこのようなジョブが Preps 6 形式で表示され、折丁選択では Preps 5 形式で表示されます。これは単に表示方法が異なるだけです。ページの割り当てに問題はなく、面付けは正しく出力されます。

[Prinergy の折丁選択を使用]オプションでの自動選択

[Prinergy の折丁選択を使用]オプションの自動選択と、Preps の自動選択では、結果が異なる場合があります。自動選択の結果が予想どおりかどうか、確認してください。

必要に応じて、[上へ移動]または[下へ移動]を使用して折丁の順序を調整したり、[追加]または[削除]を使用して折丁を修正することができます。
問題を回避するには、PrepsPrinergy.cfg ファイルおよび PrepsPrinergy.cfg.template ファイルを編集して、次の行を追加します。
AUTOSELECT_MINIMUM_PAGES:1

Dashboard

個別のカスタム フィールドの有効/無効ステータスの状況にかかわらず、すべてのカスタム フィールドが Dashboard に表示されます。[PRINERGY-29639]

Sv translation
languageit
Include Page
DOCL:it_trDOCL:it_tr