Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space PRINSAG and version 8.1

...

Sv translation
languageja

各サーバーで Prinergy Workflow インストーラを実行します。
アップグレードの実行には十分な時間をとり、この間に Prinergy システムでジョブを処理できないことをご理解ください。

注意:Prinergy Workflow 7.0 以前のバージョンから Prinergy Workflow 8.1 にアップグレードする場合は、Prinergy プライマリ サーバーとすべての HotStandby (EPM+)サーバーのアップグレードの一部として Oracle 12 インストーラ ファイルが必要になります。Oracle 12 インストーラ ファイルは、Partner Place の回答の回答 72387にあります。 にあります。

重要:

  • アップグレードを実行する前に、すべての Prinergy サーバーを再起動します。
  • Prinergy Administrator(UADM)を終了します。
  • VOE が導入された環境で Prinergy をアップグレードする場合、アップグレードの直前に Prinergy VOE のスナップショットを作成してください。スナップショットを作成すると、アップグレードが何らかの理由で失敗しても、過去の正常な動作状態にシステムを戻すことができる復元ポイントを簡単に作成できます。問題が発生した場合、スナップショットを復元して、システムを簡単にオンライン状態に戻すことができます。
  • セカンダリ サーバーをアップグレードする場合、プライマリ サーバーを先にアップグレードする必要があります。システムに Hot Standby(EPM+)フェイルオーバー サーバーとして構成されたセカンダリ サーバーがある場合、プライマリ サーバーを最初にアップグレードしないと、Hot Standby が正常に機能しなくなります。
  • Hot Standby を使用するシステムのプライマリ サーバーをアップグレードする前に、PrinergyDB Replication Set の接続を解除します。フェイルオーバー サーバーのアップグレードが完了するまで、接続しないでください。フェイルオーバー サーバーのアップグレードが完了したら、Replication Set を再度接続します。詳細については、「 Upgrading the servers in a Prinergy Hot Standby system running on Windows 2008 R2 operating system with Double-Take 5.3]または[  ]または[ Upgrading the servers in a Prinergy Hot Standby system running on Windows 2012 R2 operating system with Double-Take 7.1」を参照してください。
  • インストーラは、2 つのパッケージ(Prinergy_8.1.0.BLD1220.exe および Prinergy_8.1.0.BLD1220_part2.zip)から構成されます。.zip ファイルは、.exeexe  ファイルと同じ場所に zip ファイルのまま置く必要があります。
  1. .NET 4.6 6および 4.7 の Microsoft 更新を検索してアンインストールします:
    1. コントロール パネル] > [プログラムと機能]に移動します。
    2. インストールされた更新プログラムを表示]を選択します。
    3. インストールされた更新プログラムの検索]ボックスに、以下の更新を 1 件ずつ入力します。件ずつ入力します:
      KB3045563
      KB3102467
      KB3186539

      KB3151864
    4. いずれかの更新が見つかった場合は、その項目を右クリックして[アンインストール]を選択します。
  2. サーバーをアップグレードするには、インストーラ(.exe ファイル)をダブルクリックし、画面の指示に従って操作してください。
    アップグレードに新しいライセンス キーが必要な場合は、[ライセンス キーの追加]ダイアログ ボックスが表示されます。ソフトウェアベースのライセンスを使用するバージョンの Prinergy をインストールしたことがない場合は、ライセンス ID を入力する必要があります。ソフトウェアベースのライセンスを使用するバージョンの Prinergy をインストールしたことがある場合は、[ライセンス ID]ボックスが入力済みの状態で表示されます。
  3. 現在のライセンス ID が[ライセンス ID]ボックスに表示されていることを確認します。
    ライセンス ID は、YCxxxxx または YCxxxxx-xx という形式の Prinergy Workflow シリアル番号と同じです。Prinergy Workflow のシリアル番号が不明で、PartnerPlace のシリアル番号が不明で、Partner Place のアカウントをお持ちの場合は、以下の操作で検索できます:
    注意:Partner Place アカウントをお持ちでない場合でも、Prinergy アップグレードが提供されるサポート プランをお持ちの場合は、https://partnerplace.kodak.com/ で登録してから、次のように操作してください。
    1. https://partnerplace.kodak.com/ で Partner Place にログオンします。
    2. サービスとサポート] > [Product Registration and LicenseActivationLicense Activation] > [View registered products]に移動します。

    3. サイトを選択します。登録された製品のリストに、Prinergy Workflow システムのシリアル番号が(YCxxxxx または YCxxxxx-xx)の形式で)表示されます。

  4. 現在の Partner Place ユーザー名が[Partner Place のユーザー名]ボックスに表示されることを確認します。
    メモ:必要に応じて新しい Partner Place アカウントを作成するか、使用しているアカウントを変更するには、[Partner Place のユーザー名の作成/更新]リンクをクリックします。
  5. [ライセンス キー]オプションを選択します。
  6. [ライセンス取得]をクリックします。
  7. 以下のいずれかの操作を実行します。
    • Prinergy サーバーが PLAS と直接通信できる場合は、ライセンスが取得され、システムをアップグレードできるようになります。手順 17 に進みます。
    • Prinergy サーバーがファイアウォールの背後にあるか、PLAS と直接通信できない場合は、手順 8 に進みます。
  8. Prinergy からサーバーに到達できず、自動ライセンス取得機能を利用できない場合は、XML ライセンス要求ファイルを保存できます。XML ライセンス要求ファイルを保存し、インターネットにアクセスできるシステムに転送します。
  9. Web ブラウザで、https://ecentral.kodak.com/productregistration/FileUpload.aspx にアクセスします。
  10. Web ページで、Microsoft Internet Explorer の場合は[参照]、Google Chrome の場合は[ファイルを選択]をクリックします。
  11. 開いているブラウザで、XML ライセンス要求ファイルの場所に移動し、選択して[開く]をクリックします。
  12. ライセンス要求ファイルを送信するには、Web ページで[Upload file(ファイルのアップロード)]をクリックします。
    XML ライセンス応答ファイルが作成されます。
  13. XML ライセンス応答を保存し、Prinergy プライマリ サーバーに転送します。
  14. Prinergy Administrator の[Add License Key(ライセンス キーの追加)]ダイアログ ボックスで、[Load License key from file (main/trial)(ファイルからライセンス キーを読み込む(メイン/試用版))]オプションを選択します。
  15. [参照]をクリックし、XML 応答ファイルを選択します。
  16. [Read File(ファイルの読み込み)]をクリックします。
  17. [License Key(ライセンス キー)]ボックスにライセンスが表示されたら、[適用]をクリックします。
  18. 以上で Prinergy システムのライセンス認証は完了です。次へをクリックして、それ以降のアップグレード プロセスを続行します。
  19. 以下の画面が表示されたら、[Yes, I want to restart my computer now.(はい、今すぐコンピュータを再起動します)]を選択してサーバーを再起動します。
     
  20. サーバーをアップグレードしたら、Prinergy を起動する前に、このサーバーが使用する IP アドレスを設定します。そのためには、以下の操作を実行します。
    1. [Prinergy Administrator]>[Tools(ツール)]>[Configure System(システムの設定)]>[Network Cards(ネットワーク カード)]を選択します。
    2. [Prinergy IP Address(Prinergy IP アドレス)]ラベルの横に IP アドレスが表示されない場合、または正しい IP アドレスが表示されない場合は、IP アドレス リストから正しいアドレスを選択し、[OK]をクリックして変更を確定します。
    3. メッセージが表示されたら、サーバーを再起動します。
  21. Prinergy を起動して、アップグレード処理を完了します。

重要:アップグレード中に、今すぐ再起動することを求める Windows のポップアップ メッセージが表示されることがありますが、サーバーを再起動しないでください。[InstallShield Wizartd Complete(InstallShield ウィザードの完了)]画面が表示されたらサーバーを再起動します(手順 19 を参照)。

   




...