Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space COLORFLOW and version 8.2

...

Sv translation
languageit

Nuove funzioni e miglioramenti

Funzioni Undo/Redo (Annulla/Ripeti) per le curve di calibrazione per la stampa (CLRFLW-7442) 

Il software ColorFlow 8.2.0 introduce una funzione Undo/Redo (Annulla/Ripeti) per le curve di calibrazione per la stampa, per una migliore fruibilità. Che sia mentre la finestra di dialogo Modifica delle curve del dispositivo è aperta o dopo che è stata chiusa, è possibile selezionare Undo (Annulla) o Redo (Ripeti) dal menu Modifica (o utilizzare le combinazioni di tasti CTRL/Cmd-Z o CTRL/Cmd-Y).  

Misurazione e rapporto sulla risposta tramite grafici TC1617x (CLRFLW-5967) 

Ora gli esperti di G7 e delle configurazioni potranno caratterizzare la risposta delle loro stampe con i grafici estesi TC1617x, pubblicati da IDEAlliance.

Il TC1617 è un nuovo target di caratterizzazione sviluppato da Idealliance che contiene tutti i valori di patch CMYK della IT8.7/4 (senza duplicati) più tutti i valori CMY e K delle colonne 4 e 5 di P2P51. Idealliance ha rilasciato le versioni finali di tre grafici: uno per la misurazione i1iO e due per misurazione i1iSis. 

I client ColorFlow ora hanno questi tre ulteriori grafici integrati per il supporto di G7, ciascuno dei quali può essere esportato come file PDF:

  • TC1617x (i1iO) cf
    Questo grafico può essere misurato solo da i1iO e i1iO2, effettuando scansioni per qualsiasi condizione di misurazione supportata dall’i1iO collegato.
  • TC1617x_H (i1iSis) cf
    Questo grafico (così come quello di TC1617xV cf) può essere misurato solo da i1iSis e i1iSis2, in qualsiasi condizione di misurazione supportata dall’i1iSis collegato.
  • TC1617x_V (i1iSis) cf

L’attivazione di una qualsiasi delle misurazioni di cui sopra produce una risposta Tonale e colore per gli inchiostri per tinte piatte ed è possibile esportare le misurazioni di qualsiasi grafico.

In un report generato da una di queste misurazioni, le misurazioni CIELAB segnalate per il dispositivo o l’output verificato sono gli stessi valori che appaiono nelle misurazioni esportate.

Rapporti di confronto: chiarire la voce finale della figura 4.2.1 (CLRFLW-6327)

I rapporti di confronto risultano utili per identificare problemi con le combinazioni di colori o per determinare la precisione della riproduzione di un colore. Illustrano le differenze tra un dispositivo e una destinazione selezionata. La voce finale della figura 4.2.1 (colore CIELAB di tinte fondamentali) visualizza la tinta con l’errore più grave. Poiché non è stata documentata, questa voce finale potrebbe essere interpretata come un colore casuale che è stato erroneamente incluso nel rapporto. ColorFlow 8.2.0 ora include questa spiegazione sotto la tabella della figura 4.2.1: "L'ultima riga della tabella di cui sopra mostra la singola differenza di colore massima tra tutte le patch".

Supporto per Japan Color 2011 (CLRFLW-6611)

ColorFlow fornisce diverse condizioni del dispositivo di riferimento CMYK incorporate che integrano la risposta colore delle specifiche del settore o dei punti di stampa. ColorFlow 8.2.0 ora supporta una condizione del dispositivo di riferimento CMYK integrata Japan Color 2011.

La condizione del dispositivo Japan Color 2011 a un colore completo e tonale e pertanto:

  • Può servire da destinazione della calibrazione o simulazione delle curve con bilanciamento del grigio o le curve con corrispondenza tonale
  • Ha funzionalità complete del profilo dispositivo e di generazione di DeviceLink
  • Fornisce informazioni clorimetriche e una risposta tonale, ma nessuna informazione sulla densità o i trap, quando è utilizzata come riferimento di confronto in un rapporto sul confronto delle stampe

Supporto per nuovi supporti del tipo di output PDF/X pubblicati nel registro color.org (CLRFLW-6614)

ColorFlow 8.2.0 ora supporta questi profili come tipi di output PDF/X integrati:

  • CGATS21_CRPC1.icc
  • CGATS21_CRPC2.icc
  • CGATS21_CRPC3.icc
  • CGATS21_CRPC4.icc
  • CGATS21_CRPC5.icc
  • CGATS21_CRPC6.icc
  • CGATS21_CRPC7.icc
  • Coated_Fogra39L_VIGC_260.icc
  • Coated_Fogra39L_VIGC_300.icc
  • GRACoL2013_CRPC6.icc
  • GRACoL2013UNC_CRPC3.icc
  • JapanColor2011Coated.icc
  • SNAP 2007.icc
  • SWOP2013C3_CPRC5.icc
  • Uncoated_Fogra47L_VIGC_260.icc
  • Uncoated_Fogra47L_VIGC_300.icc

Miglioramenti della fruibilità della curva di calibrazione per la stampa (CLRFLW- 6807)

Per chiarire la terminologia dell’interfaccia utente, utilizzata durante la calibrazione delle stampe per G7, la parola “conversione” è stata sostituita da “calibrazione” nelle icone, nelle finestre di dialogo, nei pulsanti di scelta, nei rapporti, ecc. Inoltre, l’icona Conversione è stata sostituita dalla stessa icona della curva utilizzata per le curve del dispositivo, con il suggerimento modificato in “Calibrazione”. 

DeviceLink di simulazione dell’ottimizzazione degli inchiostri per PCO G7 (CLRFLW-7039)

Il software ColorFlow 8.2.0 introduce un DeviceLink per l’ottimizzazione degli inchiostri con calibrazione G7, che consente di risparmiare inchiostro e di migliorare la stabilità del colore con la stampa G7.

Aumento dei livelli di accesso predefiniti al server ColorFlow (CLRFLW-7264)

Il livello di accesso predefinito al server ColorFlow ora è TUTTO, in modo tale che il supporto Kodak possa raccogliere tutte le informazioni possibili quando un utente riferisce di un problema temporaneo con l’integrazione ColorFlow di Prinergy, riducendo, così, il tempo impiegato a risolvere i problemi.

Supporto client per MacOS High Sierra (CLRFLW-7636)

Il client ColorFlow ora funziona con macOS High Sierra e, pertanto ColorFlow può essere eseguito anche sui nuovi Mac aggiornati.

Supporto per ISO 12647-2:2013 FOGRA 51 e 52 (CLRFLW-7581)


Inclusione della risposta tonale in alcune delle condizioni FOGRA del dispositivo integrato (CLRFLW-7582)


Migrazione archivio colori: rimozione dei record non usati da tutte le tabelle (CLRFLW-7598)

Con ColorFlow 8.2.0, il processo di migrazione dell'archivio colori ora rileva e rimuove i record non più usati, velocizzando l’acquisizione di istantanee per l'archivio colori di un cliente.

Ordinare i contenuti dei comandi nell'elenco Prinergy (CLRFLW-7622)

Elenco delle curve, delle configurazioni colore e di altri oggetti consegnati sui comandi del server ColorFlow ora ordinati in modo alfabetico.

Guida in PDF aggiornata alla versione 8.2 (CLRFLW-7670)



Problemi risolti


Numero ticket

Descrizione

CLRFLW-7722Impossibile selezionare il canale della curva dell’inchiostro per tinte piatte nelle proprietà di condizioni del dispositivo su sistema operativo Mac
CLRFLW-7721Posizione ingannevole dell’indicatore di allineamento del grafico i1iO
CLRFLW-7649Generazione di curva di simulazione non corretta per le risposte di inchiostro per tinte piatte con discontinuità flessografica
CLRFLW-7647Il comando di discontinuità della curva di stampa per la caratterizzazione non funziona per gli inchiostri per tinte piatte
CLRFLW-7645Media di misurazione dell’inchiostro per tinte piatte non funzionante
CLRFLW-7627Programma di installazione/di migrazione in blocco per via di una cartella orfana nel database - Unire dalla cartella principale
CLRFLW-7607Acquisizione istantanea non necessariamente lenta nelle edizioni Workflow.
CLRFLW-7266Impossibile sottoporre a pool i dispositivi nella condizione del dispositivo SCO
CLRFLW-7164Output della curva della lastra ColorFlow con valori errati
CLRFLW-7108Solo Mac - impossibile copiare la selezione negli Appunti
CLRFLW-6986Impossibile aprire il backup dell'archivio colori nella versione precedente
CLRFLW-6893Impossibile utilizzare lo scorrimento orizzontale per visualizzare tutti gli SCO in una condizione del dispositivo, se "Mostra note allegate" è attivo

Problemi noti


Numero ticket

Descrizione

CLRFLW-7835Dopo il riavvio del client ColorFlow, le informazioni relative alla Data modifica per curve lastra con una risposta misurata passano a indicare la data e l’ora correnti.
CLRFLW-7728

Il modulo posteriore del grafico in cui sono selezionate le opzioni di scansione M1 ed M2 è errato

CLRFLW-7681Impossibile aprire il file PDF del grafico cliente esportato su Windows Reader su Win 8
CLRFLW-7669Salvare tutte le regolazioni e non modificare la scheda Curva di calibrazione
CLRFLW-7668Il valore del punto minimo Tint Out (Uscita tinta) è leggermente errato quando i comandi relativi al punto minimo diventano effettivi
CLRFLW-7667La curva del dispositivo per l’inchiostro per tinte piatte resta uguale anche dopo l'aggiornamento dei dati di misurazione
CLRFLW-7657Non è possibile migrare alcuni archivi colore a causa della memoria insufficiente su Server 2012
CLRFLW-7650Misurazione I1iO che misura nuovamente le patch errate con il grafico TC1617x (i1iO) cf














Sv translation
languageja

新機能および改善された機能

プリント キャリブレーション カーブの元に戻す/やり直す機能(CLRFLW-7442) 

ColorFlow 8.2.0 ソフトウェアでは、操作性の向上のために元に戻す/やり直す機能が導入されています。[デバイス カーブ編集]ダイアログボックスが開いているときか、閉じたあとに、[編集]メニューから[やり直す]または[元に戻す]を選択できます(または Ctrl/Cmd-Z か Ctrl/Cmd-Y を使用)  

Tc1617x チャート(CLRFLW-5967)を使用した特性の測定とレポート 

G7 とカラー設定の専門家は、Idealliance によって公開されている拡張 TC1617x チャートを使用して、印刷機の特性をキャラクタライゼーションできるようになりました。

TC1617 は、Idealliance によって開発された新しいキャラクタライゼーション ターゲットで、IT8.7/4 のすべての CMYK パッチ値(重複は削除)と P2P51 の列 4 と 5 のすべての CMY および K のみの値を含みます。Idealliance は、3 つのチャートの最終版をリリースしました。1 つは i1iO 測定用、2 つは i1iSis 測定用です。 

ColorFlow クライアントは、G7 サポートのために、これらの 3 つのビルトインチャートを追加し、それぞれを PDF ファイルとしてエクスポートできます。

  • TC1617x(i1iO)cf
    このチャートは、i1iO と i1iO2 のみで測定され、接続されている i1iO によってサポートされる測定条件をもとにスキャンします。
  • TC1617x_H(i1iSis)cf
    このチャートは(TC1617xV cf チャートと同様)、i1iSis と i1iSis2 のみで測定され、接続されている i1iSis によってサポートされる測定条件を使用します。
  • TC1617x_V(1iSis)cf

上記の測定のいずれかを有効にすると、プロセス インキのフル カラーとトーン特性が生成され、チャートの測定値をエクスポートできます。

これらの測定値のいずれかによって生成されたレポートでは、デバイスまたは検証された出力で報告される CIELAB 測定値は、エクスポートされた測定値と同じ値です。

比較レポート:図 4.2.1(CLRFLW-6327)の最終的な入力を明確にします

比較レポートは、カラー設定の問題の特定やカラー再現の精度の決定に役立ちます。デバイスと選択したターゲットの差を示します。図 4.2.1 の最終的な入力(重要な濃淡の CIELAB カラー)は、濃淡に大きな誤差があることを示しています。これは文書化されていなかったため、この最後の入力は、誤ってレポートに含まれたランダムなカラーと解釈される可能性がありました。ColorFlow 8.2.0 では、この説明を図 4.2.1 の表の下に次のように記載しています。「上の最後の表の行は、すべてのパッチの 1 つのカラーの最大の差を示しています。」

Japan Color 2011 のサポート(CLRFLW-6611)

ColorFlow には、業界標準仕様または印刷基準のカラー特性がカプセル化された、組み込みの CMYK リファレンス デバイス コンディションがいくつか用意されています。ColorFlow 8.2.0 では、Japan Color 2011 ビルドイン CMYK リファレンス デバイス コンディションをサポートできるようになりました。

Japan Color 2011 デバイス コンディションには、フル カラーとトーン特性があります。そのため、

  • グレー バランスまたはトーン マッチ カーブのキャリブレーションまたはシミュレーション ターゲットとして使用できます。
  • 完全なデバイス プロファイルとデバイスリンク生成機能を備えています。
  • プリント比較レポートで比較基準として使用する場合は、色域とトーンの特性情報を提供しますが、密度またはトラップ情報は提供しません。

color.org レジストリ(CLRFLW-6614)で公開されている新しい PDF/X 出力インテントのサポート

ColorFlow 8.2.0 では、これらのプロファイルをビルトイン PDF/X 出力インテントとしてサポートできるようになりました。

  • CGATS21_CRPC1.icc
  • CGATS21_CRPC2.icc
  • CGATS21_CRPC3.icc
  • CGATS21_CRPC4.icc
  • CGATS21_CRPC5.icc
  • CGATS21_CRPC6.icc
  • CGATS21_CRPC7.icc
  • Coated_Fogra39L_VIGC_260.icc
  • Coated_Fogra39L_VIGC_300.icc
  • GRACoL2013_CRPC6.icc
  • GRACoL2013UNC_CRPC3.icc
  • JapanColor2011Coated.icc
  • SNAP 2007.icc
  • SWOP2013C3_CPRC5.icc
  • Uncoated_Fogra47L_VIGC_260.icc
  • Uncoated_Fogra47L_VIGC_300.icc

キャリブレーション カーブの操作性の向上(CLRFLW-6807)

G7 用に印刷機をキャリブレーションするときに使用するユーザー インターフェース用語を明確にするために、アイコン、ダイアログボックス、ラジオ ボタン、レポートなどの「変換(conversion)」を「キャリブレーション(calibration)」に置き換えました。また、変換アイコンは、デバイス カーブで使用されるものと同じカーブ アイコンに置き換えられ、ツールチップが「キャリブレーション」に変更されました。 

G7 PCO 用のインキ オプティマイズ シミュレーション デバイスリンク(CLRFLW-7039)

ColorFlow 8.2.0 ソフトウェアでは、G7 印刷でインキを節約し、カラーの安定性を向上させるために、G7 キャリブレーションを使用したインキ オプティマイズ デバイスリンクを導入しています。

ColorFlow サーバのデフォルトのロギング レベルを増加(CLRFLW-7264)

ColorFlow サーバーのデフォルトのログ レベルが「すべて」になり、お客様が Prinergy-ColorFlow の統合での一時的または短期的な問題を報告した場合に、Kodak サポート担当者ができるだけ多くの情報を収集することができます。これにより、問題を解決する時間が短縮されます。

MacOS High Sierra(CLRFLW-7636)のクライアント サポート

ColorFlow Mac クライアントは、macOS High Sierra と連動するようになり、ColorFlow が新しいアップグレードされた Mac で動作できるようになりました。

ISO 12647-2:2013 FOGRA 51 および 52 のサポート(CLRFLW-7581)


一部の FOGRA ビルトイン デバイス コンディションにトーン特性が含まれる(CLRFLW-7582)


カラーストアの移行:すべてのテーブルから未使用のレコードを削除する(CLRFLW-7598)

ColorFlow 8.2.0 では、カラーストアを移行するプロセスで使用されなくなったレコードを検出および削除し、カラーストアのキャプチャとスナップショットを高速化します。

Prinergy リスト コントロールの内容の並べ替え(CLRFLW-7622)

ColorFlow サーバー コマンド用のカーブ、カラー設定、その他のオブジェクトのリストは、アルファベット順にソートされています。

PDF のヘルプがバージョン 8.2 に更新された (CLRFLW-7670)



解決済みの問題


チケット番号

説明

CLRFLW-7722Mac OS のデバイス コンディション プロパティでスポット インキ カーブ チャンネルを選択できない
CLRFLW-7721i1iO チャートの位置合わせインジケータの位置が誤解を招く
CLRFLW-7649フレキソ不連続性を使用するスポット インキ特性のシミュレーション カーブの生成に誤りがある
CLRFLW-7647[プリント カーブ不連続性のキャラクタライゼーション]コントロールがスポット インキで機能しない
CLRFLW-7645スポット インキ測定の平均化が機能しない
CLRFLW-7627孤立した DB フォルダが原因でインストーラ/移行が失敗する。メインから結合
CLRFLW-7607Workflow エディションで、スナップショットのキャプチャが不必要に遅くなる
CLRFLW-7266SCO デバイス コンディションでデバイスをプール化できない
CLRFLW-7164ColorFlow プレート カーブが間違った値を出力する
CLRFLW-7108Mac のみ - 選択対象をクリップボードにコピーすることができない
CLRFLW-6986以前のバージョンでは、カラーストアのバックアップを開くことができない
CLRFLW-6893[付箋を表示]がアクティブな場合に水平スクロールを使用してデバイス コンディションのすべての SCO を表示することができない

現在の問題点


チケット番号

説明

CLRFLW-7835ColorFlow クライアントの再起動後、特性が測定されたプレート カーブの[変更日]情報が今日の日時に代わる
CLRFLW-7728

[M1 と M2 をスキャン]が選択されたチャートのバック フォームが誤っている

CLRFLW-7681エクスポートされた顧客チャートの PDF ファイルを Win8 の Windows Reader で開くことができない
CLRFLW-7669[キャリブレーション カーブ]タブですべての調整のコミットが機能しない
CLRFLW-7668最小ドット関連のコントロールが有効な場合、最小ドットの[出力網パーセント]値で若干誤差がある
CLRFLW-7667測定データを更新してもスポット インキのデバイス カーブが残る
CLRFLW-7657一部のカラーストアで、サーバー 2012 ではメモリ不足で移行することはできない
CLRFLW-7650I1io 測定で、TC1617x(i1iO)cf チャートを使用して間違ったパッチを再測定する